A.G.Effector-HERB

糖化ケアハーブ
「A.G.Effector」

糖化反応とはタンパク質と糖(主に)が化学的に結合することで、体内で糖化反応が起こると終末糖化産物AGEsが生成・蓄積されます。糖化を避けるためには主に3つの対策が考えられます。ここでは、その3つの対策に合わせたハーブ「A.G.Effector」の機能成分をご紹介します。

〈A.G.Effectorの糖化ケア機能〉

できてしまった
AGEsを
分解する
糖質を分解する
酵素の活性を
抑える
糖化による
AGEs生成を
抑える
AGEsを分解する
体内酵素を
活性化する
テンヨウケンコウシ
カキノキ
クマザサ
バナバ